コーティングが長持ち|備えあれば患いなしなドライブレコーダー!

備えあれば患いなしなドライブレコーダー!

コーティングが長持ち

車を運転する人

車を長く乗りたいのであれば、ボディコーティングが必要になってきます。以前だとカーワックスが主流でしたが、最近ではガラスコーティングが主流です。カーワックスは簡単にできるのですが、雨に濡れてしまうとすぐに落ちてしまうということがあります。しかし、ガラスコーティングなら雨に濡れたとしても簡単には落ちません。また、車のボディにキズがつきにくくなり、ツヤも長持ちします。ガラスコーティングのメリットとしてはワックスを頻繁にかけなくてもピカピカな状態が続くことです。なので、手入れにあまり時間をかけたくない人や忙しくて車のメンテナンスがなかなかできない人にはガラスコーティングがいいでしょう。ガラスコーティングにもいくつか種類があるのですが、簡単な汚れなら拭き取るだけで汚れが落ちるようなコーティングが多いです。また、水洗いだけで汚れを落とすことができるので、わざわざガソリンスタンドへ行き洗車をする必要がありません。自宅で水洗いをするだけでピカピカになります。
ワックスとポリマーの違いですが、ワックスは油を利用しています。その油にはロウと石油系の材料が使われているのですが、ロウは水垢の原因になりかねません。一方ポリマーはシリコンなどが材料になっていて、コーティングをしたときにかなり強い皮膜ができます。その皮膜は密度が高いので車などに汚れがつきにくくなるのです。ポリマーコーティングをすれば短くても100日はもちますし、長くなると2年以上は綺麗な状態が保てます。ボディコーティングをして車を守ってはどうでしょうか。